制作事例
ユーザビリティを意識し、使い心地の良いサイト

コンテンツ整理、レスポンシブ対応で
訴求すべき情報を確実に伝える

総合建設コンサルタントとして、海外・民間・国内公共の社会インフラから環境問題対策、防災対策など多様なサービスを提供しているグループの持株会社である株式会社オリエンタルコンサルタンツホールディングス。グループ会社を含め以前から取引があり、Webサイト以外にもさまざまなツールづくりを担当していました。
コーポレートサイトのリニューアルを検討中とのことで、まずは現状のサイトについて担当者の方に詳しくお話を伺いました。そこであぶり出されたのは、「コンテンツの数が多く、サイトの階層が複雑」という課題。中には重複する内容もあり、求める情報にすばやくアクセスできない状態でした。
課題解決のため制作チームが重視したのは、「ターゲットを絞り、訴求のポイントを明確にすること」。今回の改訂では、もともとサイトに訪れる機会の多かった株主をメインターゲットとしました。また、トップページに点在していたコンテンツの数々を整理し、集約。情報への「入口」をスマートにし、訪問者が迷わない設計にしました。
リニューアル後は社内で修正・更新できる箇所を増やし、記事だけでなくトップページのメイン画像や財務ハイライト部分も変更できる仕様に。効率的に更新作業を行えるようになりました。そのほかにも、レスポンシブ対応でパソコン、スマートフォンどちらのユーザーにも優しいサイトとなり、お客様にも大変満足いただけました。

Type

コーポレートサイト

Client

株式会社オリエンタルコンサルタンツホールディングス

Business Type

建設コンサルタント

Specification

マルチカラム
レスポンシブWebデザイン

TOPページ

スライドショー画像を社内で更新できるように構築。旬な写真に切り替えることが容易に。

グループ紹介ページ

イラストを用いて、多様なサービスをワンストップで行っていることを表現。

IR情報の一覧ページ

投資家が求める情報にアクセスしやすいように、ナビゲーションを工夫。

事業紹介ページ

グループとしての姿勢を表現しつつ、各情報への「入り口」に。