お問い合わせ

制作事例

制作のポイント

東日本大震災と災害対策など、事業の具体的な取り組みを紹介
多くの社員を取材し、技術力や仕事への思いを伝える

インフラ・環境分野の建設コンサルタントとして国内外を問わず活動するものの、ソリューションを提案する企業ゆえ具体的な事業を株主に伝えにくい面がありました。また純粋持株会社であり、傘下にはグループ会社が7社。業務内容は非常に幅広く多岐にわたるため、株主や投資家に何をどのように伝えるべきか、という課題がありました。
制作のポイントとして、財務情報や経営ビジョンを伝えるだけでは、株主にとって事業の具体性や会社の魅力が伝わりにくいため、個々のプロジェクトを社員が話す取材記事を中心にまとめました。特に東日本大震災が起こった2011年には、確定していた企画構成をほぼ全面変更し、今後重要な役割を担う建設コンサルタントしての復興への思いや意欲を形にした冊子をご提案。復興支援・災害対策などのテーマで数多くの社員にインタビュー。今後の技術貢献や復興支援事業への意欲をお話いただき、仕事への思いを力強く誌面で伝えました。
財務諸表や会社情報はほとんど掲載せず、一見するだけでは株主通信とは分からないような誌面構成。財務情報はWebサイトのIR情報ページにタイムリーに掲載しているため、株主通信とのすみ分けをはっきりすることで、思い切ってテーマを絞った斬新な株主通信にすることができました。

Client

株式会社ACKグループ

Business Type

建設コンサルタント

Specification

A4判(210×297mm)/16ページ

A4判変形(200×200mm)/16ページ

2回発行/年

Top