入社案内

自社の特長・強みを再考し、 就活生の立場で魅力を訴求

たとえ地方の中堅・中小企業、学生の知名度の少ないB to B企業、あるいは不人気業種といわれる企業でも、必ず有名・大手企業にはない特長や強みがあるものです。それが学生に伝わっていないとすれば、表現手法の問題かも知れません。入社案内の制作で重要なのは、社会人経験のない学生の立場で考えること。貴社の魅力を、就活生の身になって訴求すれば、自社にマッチした人材を採用することができます。

  • 制作すべき理由

    就活生に対し、積極的にリーチできる最終兵器 エントリー者に郵送し、会社説明会へ誘導

    今はデジタルが主流の時代。実際、学生は就活サイトでエントリーし、コーポレートサイトを見て企業研究をします。たしかに情報を提供するだけなら、むしろWebサイトの方が適しています。即時性があり、伝えることができる情報量は膨大。では、なぜ入社案内をつくる必要があるのか。実体のある印刷物は価値を感じやすいこと。そしてアクセスしなければならないWebサイトとちがい、印刷物は手渡しで配布できるなど、就活生に対して積極的にリーチすることができます。そして最大のポイントは、エントリー者に郵送し、会社説明会への参加を促すことができる唯一のアイテム。企業の多くは入社案内を制作するものの、会社説明会での配布が前提のため、学生のもとに直接届けば強く印象に残ります。

  • 興味を抱くコンテンツ

    企業が伝えたいことではなく、就活生が知りたいことを "惹きつけ"を目的に、関心度アップを優先させる

    就活生に配布・郵送するパンフレットとして、会社案内を代用する企業が多いのですが、あまりおすすめできません。企業が伝えたいことと、学生が知りたいことには大きなギャップがあるからです。ましてや保守的で堅苦しいデザインでは、配布することが逆効果になることもあります。社会経験がなく業界の専門知識に乏しい学生にとって、知りたいのは入社後の仕事内容やキャリアパス、社風やオフィス環境、働き方や福利厚生です。会社説明会や選考は、あくまで"惹きつけ"の段階。就活生の関心を高めることを優先しましょう。

  • 先進性のあるデザイン

    大胆で、常識はずれの、尖った表現を追求 他社との差別化を演出する工夫を

    通常、ビジネス文書に合わせ、会社案内や営業カタログなどはA4正寸サイズがほとんどです。しかし企業の採用活動は、就活生に対するプレゼンテーションの場。会社の将来性や成長を感じさせるには、常識にこだわらない勇気も必要です。大きな誌面で迫力のあるタブロイド版、A5サイズなどの小冊子。紙質にこだわる、箔押し加工をする、上製本など、他社との差別化を演出する方法もあります。ありきたりなものより、大胆で常識はずれなもの。一般的に若いターゲットには、尖ったデザインの方が好まれる傾向があります。

「採用広告の成功ノウハウ」をお届けします。お気軽にお申し込みください。

A4判/18ページ ※内容や体裁は変更になる場合があります。

プライバシーポリシー

関連記事

Presented by