記念誌・社史

歴史の棚卸と未来の共有で、 ロイヤリティと結束を強化

会社創立から周年という節目を迎え、これまでの変遷や歴史をふり返り、未来への歩みを従業員全員で共有するために発行する冊子。それが記念誌(社史)です。創業者の想いを理解し、先達のチャレンジ精神を知る。過去の失敗や教訓を活かし、今後の成長に役立てる。編集・制作の過程では、経営陣やOB、ベテラン社員、中堅・若手社員との接点が生まれ、社内ネットワーク強化にも寄与します。自社の歴史を知ることは、将来のビジョンを描くチャンスでもあります。

  • 発行するメリット

    社員やお客様、さらに就活生にブランドをアピール 記念誌は、周年事業における"絶対王者"です

    会社の周年記念として、ホテルの宴会場での祝賀イベントや社員旅行を実施する企業が多いのではないでしょうか。ところが、これだけでは単発的で、準備の手間やコストの割にあまり大きな効果は期待できません。一方、記念誌の制作は多くの利点があります。社員やその家族が読めば、ロイヤリティの向上に。お客様や取引先に配布すれば、営業のきっかけづくりにも役立ちます。もちろん就活生に対して自社の魅力を訴求することも可能。印刷物として実体があるため価値を感じやすく、企業ブランディングに大きく貢献します。

  • 編集方針による2つのタイプ

    "記録"に残す社史と、"記憶"に残る記念誌 自由な発想で編集・制作するスタイルが主流に

    従来の社史は、"記録"に残すことを主眼におくものが多く、過去の足跡や歴史を文章で忠実に再現するタイプがほとんどでした。十分な資料収集や膨大な人数のインタビューが必要で、編集期間が長く大きなコストもかかります。ページ数も多くて分厚く、ハードカバーでケース付きという豪華な仕様となります。しかし残念ながら、読者にとってはハードルが高く、ほとんど読まれることはありません。
    一方、最近トレンドになりつつある記念誌は、企業ブランディングを目的とした"記憶"に残るタイプ。過去の資料やデータを重視するのではなく、自由な発想で創業からのDNAを伝える、独自性の高いデザインが特徴です。ページ数や装丁をライトなものにすることで、幅広いステークホルダに配布し、認知度を高めることができます。どちらが適しているのかは、編集方針やコンセプトによって決まります。

  • めんどうな通史を楽につくる方法

    出来事記入シートを使って、会社・事業の動きを一覧に 関係者へのインタビューでドラマチックな原稿を作成

    記念誌の編纂で、もっとも労力を要するのが「通史」といわれる、創業からの歴史をストーリー仕立てで伝えるページです。4ページほどと短いものもあれば、100ページ以上の通史で構成する記念誌も少なくありません。創業まもない会社はともかく、30年以上経過する会社であれば、社内にも創業時のことを知る役職員が存在しない、というケースもあります。ここでぜひ利用していただきたいのが「出来事記入シート」です。これは、過去に起きた出来事を一覧にまとめたもの。社会・業界の動き、会社の動き、そして事業部ごとの動きがひと目で分かるため、全体を俯瞰することができます。これを元にして、出来事に関連する資料の収集、ヒアリングやインタビューに基づいてエピソードをふくらませ、通史の原稿を作成します。アドバンドでは、出来事記入シートのひな型をご用意し、効率的な通史の作成を支援しています。

  • 発注先選びは慎重に

    クオリティを大きく左右する外部パートナー社内に編集ライターがいる制作会社への発注がベスト

    一般的に、10年ごとの節目に発行されることが多い記念誌。同じ担当者が2回以上、編集担当者になることはめったにありません。そもそも発行するのは初めてというケースも多く、「どこから手をつければいいのか」「企画や編集はどう進めていけばいいか」など、担当者の悩みとストレスはとても大きいものとなります。そのため、外部委託するパートナー選びは非常に重要です。
    そこで、真っ先に挙がるのは出版社。社史専門の会社もあります。出版社は実績が豊富で、編集に強いことが特徴ですが、外部の編集ライターに依存するケースも多く、コストが高額になることも。これは広告代理店も同じです。また、印刷会社はコストが安いものの、強みはあくまでも印刷にあります。そのため、同様に編集・制作をアウトソーシングするケースがほとんどです。そのため、最もおすすめしたいのは制作会社に直接依頼する方法。ただし、社内に編集ライターがいない、記念誌の実績がない制作会社も多いため、発注先は慎重に選ぶ必要があります。

「記念誌がよくわかる本」をお届けします。お気軽にお申し込みください。

B5判/32ページ ※内容や体裁は変更になる場合があります。

プライバシーポリシー

関連記事

Presented by